自律神経失調症とパニック障害の専門院
名古屋 自律神経専門整体

自律神経のお悩み、パニック障害の治療なら名古屋南区の自律神経専門整体へ

0000331776.jpg

HOMEブログ ≫ 生きにくさ   ≫

ブログ

生きにくさ  

0000450430.jpg
こんにちは
名古屋自律神経整体After magoです。

心身的にストレスを与えるものを「ストレッサー」といいまして、下記のようなものがあります。


心理的
不安、恐怖や焦燥などのマイナスな感情


身体的
病気、痛み、疲労や睡眠不足など

社会的
引越し、家族が加わる、転勤、社会的な立場の変化


物理的
人混み、気圧の変化、騒音、気温

化学的
薬害、カフェイン、公害物質、ウィルスなど


体に影響するであろう原因の順に記述しました。

化学的な原因の中の薬害は例外ですが、物理的、化学的なストレッサーのほとんどは「きっかけ」になるに過ぎません。。


根本的原因のメジャーは「感情」ですが、


本人が「自分のストレスに気づいていない」ことが多々あります。


問診をさせていただくと、思い当たる症状の原因は


「きっかけ」を述べられる方が大方を占めます。
(例えば、カフェインをとりすぎた、気温のせいで体が冷えた&暑くなった、体の異常etc)


パニック発作を起こす方の例を挙げますと


特定のライフイベントがあったときにパニック発作を起こしたケースでは


ストレスの存在がわかっています。。


また晴天の霹靂があってはじめて、自分はストレス下にあったのだと気づく人と、


そうでない人の差は


幼少時代の「愛着」の差にあるのだと思います。


これは自覚すると自覚しないとにかかわらず、ストレスがあっても無理をして

頑張り続ける傾向にあるのと


もうひとつは「自由」でることにとても敏感な側面があるといえます。


パニック症の方は時間や場所に囚われて物理的にも精神的にも身動きが取れなくなることを嫌います。


一般的にいわれる「束縛」というやつです。


束縛は嫌いだが好きなものからは守られたいという思いは


相反していますが、ここにも「愛着」の問題が隠れているのです。



自分の感性で生きたい、「自由」でありたいというアイデンティティがありながら、世間の価値観に当てはめて生きていくと

体はそれに従いつつも、本当の気持ちは反発し続けます。




パニック症の傾向にある女性にとって束縛は「結婚」で


男性にとっては「家族が増える」ことだといわれるのも、


世間の価値観と本当の価値観の相違なのかもしれません。



特にパニック症の傾向が強い女性は第六感が豊かで共感性が高く外交的、もののあわれがわかるといえます。

反面、臆病で神経質、自己主張が苦手でストレス感受性が高い不安体質だともいえます。



なぜ、頑張り続けないといけないのか?

なぜ、完璧にやろとしてしまうのか?

なぜ、知らないうちに自分を追い詰めてしまうのか?

なぜ、依存しやすくなるのか?

なぜ、働き続けないといけないという「思い込み」があるのか?


続きは「愛着障害」をテーマに記述したいと思います。
自律神経整体 After mago 愛知県名古屋市南区道徳通2-51 道徳ビル1階 自律神経失調症、パニック障害の整体院

モバイルサイト

After MagoスマホサイトQRコード

After MagoモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!