自律神経失調症とパニック障害の専門院
名古屋 自律神経専門整体

自律神経のお悩み、パニック障害の治療なら名古屋南区の自律神経専門整体へ

0000331776.jpg

HOMEブログ ≫ 気圧と不定愁訴→気候変動 ≫

ブログ

気圧と不定愁訴→気候変動

0000478492.jpg
こんにちは
名古屋自律神経整体AFTER MAGOです。


通年、自律神経症状の問い合わせは4、5月に集中しますが、


今年は6月に集中しています。気圧変化や気象の影響なのでしょうか。。


今週、新規来院された方の中に、


不定愁訴を訴えて整形〇科に行ったら、首を牽引されたり、首を強く揉まれた方が何名かみえました。


不定愁訴→首の牽引


壊れます。。



不定愁訴は自律神経の問題ですが、、


セロトニン神経や

ドーパミン神経の働きが鍵になっているところもあります。。



セロトニンが不足すると・・


①朝の目覚めが悪い
②仕事を頑張りすぎて家に着くと疲れている(制御力低下)
③集中力の低下
④不安が頭から離れない
⑤切り替えが難しくなる
⑥こだわりがつよい強くなる
⑦~しなければいけないが多くなる
⑧でも、できないが増える
⑨異常ないけど、症状が気になってしょうがない

などですが、



基本的にはセロトニンは心を健全にしたり、痛みを感じにくくするホルモンです。。


私はこれを『癒しのホルモン』と呼び、


少々の欠陥があったとしても、セロトニンを代表とする癒しのホルモンのお陰で、


私たちは症状を気にすることなく健康でいられると思います。。


ですから、整形〇科や病院に行くきっかけがあるとしたら、


それはセロトニンを代表とする癒しのホルモン不足が原因


って思ったりもします。



要は症状が発生しやすくなるということですね。。



セロトニンが不足する原因はいろいろありますが、


代表的なのは睡眠不足


そして、今、一番気になっている原因として


考えすぎる→→脳疲労


ネガティブ思考→セロトニン低下→ネガティブ思考



これは切り替える力、振り返り力や共感力、周りを見渡す力や客観的に自身を分析する力にも影響してきますね。。




一点集中、仕事や考え事、何かに集中しているときはドーパミンが優位ですので、疲れや体の異常は感じにくい


ドーパミン優位は自律神経の交感神経に似ていますが、、



ドーパミン中は体の異常を感じにくい状態で、しかも、知らないうちに疲労が蓄積しているということで


すすいませんM--M
時間切れ、続きは・・セロトニンを増やす習慣について書いてみたいと思います。。


自律神経整体 After mago 愛知県名古屋市南区道徳通2-51 道徳ビル1階 自律神経失調症、パニック障害の整体院

モバイルサイト

After MagoスマホサイトQRコード

After MagoモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!