自律神経失調症とパニック障害の専門院
名古屋 自律神経専門整体

自律神経のお悩み、パニック障害の治療なら名古屋南区の自律神経専門整体へ

0000331776.jpg

HOMEブログ ≫ 脳波を変える ≫

ブログ

脳波を変える

20200511_144848
こんにちは
名古屋自律神経整体After magoです。

先日、意識的に呼気を長くすることで、セロトニンが増え、脳波が変わることをお伝えしました。

ある書籍によると、リズム運動やマインドフル瞑想に集中すると、だんだんと脳波が変わっていきa2波(アルファー2)という特別な脳波が出ることがわかっています。


a2波とは、a波のなかでもその人が何かに集中してて、しかも平常心の状態のときに出る脳波です。

そして、a2波が出てきた人に心理テストをするとネガティブな気分の改善効果が出ることがわかり、血液を調べるとセロトニンの濃度も高なります。

つまり、リズム運動や意識的な呼吸法をすることでセロトニン神経が活性化されて、a2波という脳波を発生させることで痛みや気分が改善されるのです。



当院、自律神経症状を訴える方を観ますと、ほぼ呼吸が浅く速いです。

特に息を長く吐くことが苦手だということは


ずっと体質的に浅い呼吸が横隔膜を介して自律神経のバランスに影響を及ぼしてきたと推測されます。


例えば、不安や緊張、ストレスを感じたとき、息苦しさを覚えやすいですし、嫌な人物が接近すると無意識に呼吸が浅くなるものです。

これも、交感神経が優位に成りすぎているためですが、

この交感神経が高まりすぎた状態もまた、

脳波や神経伝達にさまざまな影響を及ぼしているのです。
(浅くて早い呼吸体質はセロトニンが常に不足している状態でもある。)


「意識的に呼気を長くする呼吸法を10分行うと脳波が変わる」といわれておりますが、

実際、実践しますと脳波はどうかわかりませんが、

確かに体の変化を感じます。


一日、10分で まずは習慣化していきたいと思います。
自律神経整体 After mago 愛知県名古屋市南区道徳通2-51 道徳ビル1階 自律神経失調症、パニック障害の整体院

モバイルサイト

After MagoスマホサイトQRコード

After MagoモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!