自律神経失調症とパニック障害の専門院
名古屋 自律神経専門整体

自律神経のお悩み、パニック障害の治療なら名古屋南区の自律神経専門整体へ

0000331776.jpg

HOMEブログ ≫ 肝臓疲労 ≫

ブログ

肝臓疲労

IMG_20180504_120834
こんにちは
名古屋自律神経整体After magoです。


前回は「考えるから感じる」についてのテーマでした。

よく考える人は肝臓が疲労しています。

特に男性に多いのですが、脳が疲労している人は検査数値では異常がみられないものの、触ると冷えているか動きに違和感を感じることが多いです。

そして、肝臓が疲労するもうひとつの原因は薬害です。


長期間薬を飲まれている方の歩き方はなんとなくですが覇気が感じられません。

これも、肝疲労を推測していいでしょう。


数値や痛みを抑えるあまりに、「気」と「血」が少なくなってしまうのです。

いわゆる、快活さや元気がない、顔色が悪い、生命力が感じられない・・

食欲がない・・食べても美味しいと思わない・・意欲が出ない・・

症状はなんとか抑えられているけれども、薬によって人本来の自然の営みが阻害されている状態なのだと感じさせられます。



こちら周辺は病院や薬局が密集している土地柄だけに、何種類の薬を飲んでいる方が大勢見えます。



ある方は、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科、循環器科、脳神経外科(総合病院)、整形外科、そして当院を一ヶ月の中で繰り返します。


原因は耳でしょうか。


目でしょうか。


症状は所詮、枝葉です。


痛みに囚われるあまりに、痛みを深刻なものにして、薬で逃れようとするあまりに、新しい病態を生んでしまう


世の中の常識は実は非常識で不思議なことがたくさんあります。


不自然で、不思議でなりません。
自律神経整体 After mago 愛知県名古屋市南区道徳通2-51 道徳ビル1階 自律神経失調症、パニック障害の整体院

モバイルサイト

After MagoスマホサイトQRコード

After MagoモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!