自律神経失調症とパニック障害の専門院
名古屋 自律神経専門整体

自律神経のお悩み、パニック障害の治療なら名古屋南区の自律神経専門整体へ

トップ画像

HOME ≫ 自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症の原因は「自律神経の乱れ」とか、「自律神経を整えると症状がよくなる」という話をよく耳にします。


このページでは私の体験や臨床を通して、自律神経失調症について見解させていただきました。


自律神経についての詳細は

自律神経を整える   をご覧ください。

0000439900.png

ある統計によりますと日本人の10人に6人が自律神経失調症予備軍だといわれております。


「キラーストレス」という番組までが大反響を呼び、ストレスが直接、自律神経を攻撃して様々な身体問題を生むという認識が高まってきました。


最近では、「労働安全衛生法」が改正され、一定規模の会社では「ストレスチェック制度」が導入されました。このような対策はまだ序章に過ぎず、メンタルヘルスへの関心が高まるとともに、本当の健康のあり方が益々問われていくものでしょう。


医療機関の捉え方にも、変化を感じています。


少し前までは、不定主訴を抱えて内科を受診すると、


特に異常は見当たらないか、自律神経失調症だといわれました。耳鼻咽喉科ではメニエール症候群・・婦人科では更年期障害と・・

何故、診察する科によって、まったく違った呼び名に変わるのか。。

医師からすると其のこころは「よくわからない」からです。


ところが・・

最近では便宜的な見方よりも正面から「自律神経の問題」に取り組もうとしている機関が増えてきているのです。

自律神経失調症についてまずは知っていただきたいこと

0000453409.png
これらの動きをコントロールしているのは自律神経です。

この動きをコントロールしている自律神経が慢性的にちゃんと働かない状態が自律神経失調症です。


つまり、精神や心の領域だけの問題ではなく、自律神経のバランスが乱れて、慢性的に体の機能が働きにくくなっている状態すべてが「自律神経失調症」ということです。


よくあるのは、

慢性疲労、ドライアイ、偏頭痛、頻尿、多汗、口が渇く、冷え性、イライラ、胃酸過多、月経前症候群(PMS)・・


日常的に経験している不調です。


ということは、程度の差はありますが、世の中は「自律神経失調症」の方ばかりであるといっても過言ではありません。。
0000453407.png

正真正銘の自律神経失調症とは

0000439010.png
自律神経失調症への関心の高さからか最近、よく目にする自律神経失調症セルフチェックシート


どれだけ、自覚症状が該当するかで自己判断でチェックを行うものですが、
(要注意・・自律神経失調症の疑い・・自律神経失調症確定・・とうい目安にはなります・・・)


ほとんどの項目の問題を抱えているにもかかわらず、自覚が薄い若しくは元気に過ごしていらしゃる方は沢山いると思います。


当院でも「自律神経のバランスが・・」という方がいる一方で、重篤な状態にもかかわらず、「単なる肩こりで、自分は自律神経の問題じゃない」と思っておられる、又は自覚されていない方がどれほど多いか 

お分かりのようにどこまでが重篤な自律神経失調症で反対にそうじゃないという線引きは誰にも決めれないと思うのです。


一方で、生活に支障が出るくらい激しい症状をともなう方、病院で検査をしても原因不明ということで先の見えない不安な日々を過ごしている方もとても多くいらっしゃいます。


これらの個人差の原因を挙げれば、ストレスの度合いや感受性の受け具合、女性ですとホルモンバランスが関係しますし、生まれ持った体癖や免疫の働き方などにもよりますが、


気力で乗り越えたり、薬でその場をしのいだり、あえて身体のシグナルに耳を傾けずにリミッターを遥かに超えた生活スタイルを送っている方も多数ではないでしょうか。


前置きが長くなりましたが、ストレスから生じる慢性的な自律神経の乱れによる不調は、個人の問題ではなく、社会問題化しつつあるといっていいでしょう。


豊かさや便利さを追求するあまり、社会の構造が変わり、メンタルヘルスが不調になる事案が顕著になっている

ということから、自律神経の乱れによる慢性的な不調は、すでに一般的なものになり、特別なものでも、恥ずかしいものでも、人に隠すものでもありません。

自律神経失調症は病気ではなく

ごく当たり前な自然の流れのエラーなのです。
0000440148.png


自律神経は原始的で本能的な働き
 
私たちの祖先原始の時代、狩に出て肉食獣と遭遇したとき
 
いわゆる「逃げるか 攻撃するか」の非常事態とき筋肉の力を増し、代謝も血糖値もパワーアップさせ敵と立ち向かわなければなりません。夜であれば瞳孔が開き、暗闇にも対応しなせればなりません。心臓の動きにも拍車がかかり、血圧も上げ集中力を高めます。


その分、戦闘モード中(交感神経優位)はのんびり食べ物を食べたり、排泄したり、メンテナンス部分に回すことが苦手です。

なぜならば、そんな余裕なんてないからです。

これを現代にあてはめるとどうでしょうか?

 
まず、自律神経の働きには意識しなくても働く「交感神経」「副交感神経」があり、大雑把に交感神経は「戦闘モード」

副交感神経は「リラックスしてメンテナンスモード」


交感神経         副交感神経

闘争、逃避          休憩、回復
ストレス、緊張        リラックス
浅い       呼吸     深い
収縮       血管     拡張
上昇       血圧     下降
緊張       筋肉     弛緩
抑制       胃腸     促進
増加       心拍     減少
拡大       瞳孔     縮小
抑制      消化器分泌   促進
               

 
 
 
脳の延髄というところでは自律神経を調整してますが、延髄よりも上の視床下部では全身をモニターしてて、「今の身体には何が必要か」「これ以上無理をすると体はヤバイぞ」という情報を流します。


その上には感情と記憶を司る大脳辺縁系があり、その上には大脳皮質があります。このようにして意識をしなくても脳は勝手にカラダの状態を常に監視しているのです。。

例えば、常に交感神経が高まっていて、筋肉は過緊張で血管の収縮がずっと続けば、いつかは倒れてしまいます。


交感神経状態にずっと傾いていれば、血流や内臓機能に障害が出て、重篤な病気にもなるでしょう。


酸化ストレスに侵され、細胞も衰えていくでしょう。

生命維持に不可欠な自律神経のバランスを保とうとするあまり、反発を起こすのは、ごく自然の流れです。

 

自律神経症状はとても気まぐれ


自律神経症状を予測しにくい、先が読めないということで勝手ですが個人的に「気まぐれ族」と呼んでいます。


調子が良さそうだな、と思っても数時間後に不調に陥ったり、異なった症状が出てきたり・・

回復に向かっていると思いきや、予想外の起伏の変化に惑わされます。



そもそも、生命維持を維持してくれている自律神経の役割

交感神経と副交感神経は拮抗して働き、シーソーのように揺れながら、うまくバランスをとっていますが、極端に一方に傾いてしまうと、今度はもう一方に揺れ戻す原理が働きます。



これを「自律神経の揺り戻し」といいます。



「飛行機から落下傘で飛び降りたら、人生観が変わったような気がした」と興奮して話しても、翌日激しい下痢になった。これは強い交感神経のあとにガラリと変わって激しい副交感神経状態になったことから


「会議の連続の毎日から解放されたら、そのあと体がだるく、激しい片頭痛に見舞われた。 交感神経緊張状態からの反動で「自律神経の揺れ戻し」が働き血管が急激に拡張したから


二日酔いのあとの下痢もお腹を悪くしたというよりも、飲酒によって交感神経優位になって、緊張が起こったためで、後になって副交感神経緊張状態になった。


このような「自律神経の揺り戻し」=「驚きの反応」現象は日常生活の中でしょっちゅう起こっています。


自律神経失調症や女性にみられる不定愁訴も自律神経系の揺り戻しが絶え間なく起こっているもの推測されます。

また自律神経のバランスが安定しなくて、あるときは交感神経緊張がきたかと思うと、今度はすぐに副交感神経症状が現れたりする、こうなると精神が不安定になったり、つらいことばかり。


しかし、「揺り戻し」がなく、傾きっぱなしのほうが、からだにとっては むしろ危険ですし、からだは「揺り戻し」で調整することで本当の病気にならないために活力とバランスを保っているのです。

0000440380.png
自律神経症状は人によって場所や程度、感じ方が異なります。

症状が複数ある場合や以前はこんな悩みがあったけど、今はまた違った症状でというお話も多数あります。

辛さを表現することが精一杯で、辛さの程度は本人にしかわからない領域。

下記は当院に来院された方からヒアリングし、あくまでも、参考程度にしかなりませんが、症状をまとめてみました。


・不安を感じると吐き気がする、人ごみへ行くと気分が悪くなる
・閉塞感を感じると吐き気がする
・心臓がばくばくする 胸を圧迫されるような違和感を感じる
・いつも息苦しい、思うように呼吸ができない
・首を締め付けられているような、圧迫感がある
・イライラや焦りをコントロールできない
・どこかに痛みが出ると不安でしょうがない
・動悸がする
・頭が痛い
・めまい、耳鳴り
・頭に血が逆流するような違和感を感じる
・頭が圧迫されている
・目が疲れやすい
・他人の影響をうけやすい
・顔が緊張している
・強迫観念がある
・イライラしたり、怒るとあとで調子が悪くなる
・喉が渇きやすい
・喉の異物感、違和感が気になってしょうがない
・胃から何かが逆流してくる
・顔や頭が異様に熱い
・顔が火照っている
・手足がいつも冷えている
・手汗、多汗
・疲れやすい
・理由もなく突然、不安になる、悲しくなる
・現実起こりそうにないことでも、悲観し悲しくなる、不安になる
・人と約束した日の朝から、そわそわしている、不安を感じる
・体がいつも緊張している、緊張感が抜けない
・みぞおちや腹部に圧迫感、違和感を感じる
・何事も慎重すぎて、日常生活に制限をもよおす
・人の言っていることを深読みしすぎてしまう、人の裏の心理を見ようとしてしまう
・家にいても落ち着かない
・一日中、頭がボー、ふぁ~っとしている
・寝ても疲れがとれない
・夜中や朝方よく起きるようになった
・不安で眠れない
・足が冷たくて、寝れない
・いつも何かをしてたり、人としゃべってないと落ち着かない
・首がいつも凝っている
・痛みや症状のイライラが悪循環になっている
・慢性的な肩こり
・ストレスを感じると胃がすぐに不調になる
・胃の圧迫感、胃がいつも不快
・食べた後、お腹が張ってしょうがない
・ほとんど食欲がない
・とてもお腹がすくけど、食べると治まる
・みぞおちを押さえると痛い
・下痢や便秘を繰り返している
・背中のコリ、硬さを感じる
・外出するのがこわい
・人から指図されたりすると、イライラする
・自分の思い通りにならないと腹立たしい
・すぐカーっとなったり、イライラする
・ちょっとしたことをずっと気にしている
・自分のやってしまったことを引きずる、後悔することが多い
・昔とても輝かしい時代があった
・昔と比べると情緒が不安定になってきた
・昔と比べると決断力や行動力、意欲がかなり落ちた
・昔と比べると自分に魅力がなくなった、周りもそう感じているに違いない
・気候の変化によって調子が変わる、変わるようになった
・特定の人と会うと緊張するようになった、人と会うと緊張する
・周りの人と自分のズレをよく意識する
・涙もろくなった
・気が遠くなる
・足の裏がムズムズする
・胸や心臓が締め付けられる感じがする
・足や腕がだるい、シビレがある
・めまいで倒れそうになった

主な取り組み

0000444363.png
当院では背骨と脳に働きかけ、ソフトな力でストレスを浄化することで早期改善の可能性が高くなります。


問題は、何故、身体の防衛反応が働いているかです。

「なぜ、めまいがおこるのか?」

「なぜ、呼吸が浅くなっているのか?」

「なぜ、ホットフラッシュが起こるのか?」


身体は「出来損ない」ではありません。症状や痛みがでるのはそれなりの理由があります。


原因を知るということは手技を進めていく上でとても重要なウェイトを占めます。



その他、カウンセリング、コーチング、マインドフルネス、呼吸法

セルフケアの指導もさせていただいております。



主なテクニック

はこちらをご覧ください。

症例 自律神経失調症(不眠、吐き気)名古屋在住 女性

0000336908.jpg

症例 名古屋在住 お腹の弱さ 体の痛み

0000333364.jpg

症例 名古屋在住女性 息切れ、動悸、多汗

0000333362.jpg

体験&症例

0000453211.png
名古屋在住 M・Tさん  40代


20代のころから自律神経失調症で病院に通院しておりました。、当時名古屋には心療内科というものがほとんどなく、自律神経失調症という診断をされてから、精神科へ通院しなければいけなかったので、病院へ行くまでがものすごく、気力、体力を使いとても大変だった記憶があります。

そんな中、保木先生の整体にお世話になることになりました。
当時の症状は手に汗をかいたり、息苦しくなったり、とにかく寝つけれない日々が悩みでした。

先生の下へ通いながらセルフケアしていくことで少しずつ改善していった思いがします。

何故自分がこんなにも辛い思いをしていたのかを教えていくださるうちに、自分が抱える問題がプラスの方向へ変わりました。

ストレスが原因ということはいろんなところで言われきたたことですが、私自身の治る力を信じれば、不思議と前へいける
改めて体の力を感じました。



名古屋在住 まえだのまえださん 30代女性


私が自律神経失調症と診断されたのは就職してから二年目のことでした。
不規則な勤務で肩こりがひどくなってきた頃で、それからだんだんと辛くなり、めまい、息切れ、手足のシビレにふるえ、それに過呼吸がひどかったです。気分も落ち込みなんとか仕事をこなすという毎日でした。
そんな時ネットで「○○の原因は体の防衛反応」というものを見つけました。いろんな情報を検索すればするほど、不安がこみ上げてくる一方で保木先生は「なるようになる」みたいなとてもラフな感じで私に接してくれました。それ以降は正直いろんなところを試しましたが(先生すいません)
先生整体では自律神経を鍛えればもっと健康になれると教わりました。最初はなかなか大変でしたが、自分の健康のために毎日ではありませんが、実践しております。
自律神経整体 After mago 名古屋市南区道徳通2-51 道徳ビル1階 自律神経失調症、パニック障害、うつ症状の整体院

モバイルサイト

After MagoモバイルサイトQRコード

After MagoモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • FACEBOOKバナー