自律神経失調症とパニック障害の専門院
名古屋 自律神経専門整体

自律神経のお悩み、パニック障害の治療なら名古屋南区の自律神経専門整体へ

トップ画像

HOME ≫ 初めての方へ(自己紹介)

初めての方へ(整体師の紹介)

0000431324.png
名古屋で様々整体、治療院等たくさんある中から当院のページを開いていただきありがとうございます。

当ホームページをご覧になっていただいた方は「自律神経」というキーワードを沢山目にされたと思います。

今後も注目されるキーワードの一つとして自律神経×健康の領域を超えて、

「自律神経×認知症予防」、「自律神経×病気予防」、「自律神経×自己啓発」、「自律神経×自己実現」など未曾有の発展を遂げていくに違いないと確信します。


テーマを「自律神経」にしてしまいますと、すごく長文になってしまいますのでここでは省略いたしますが、自律神経は私たちが生きていくためになくてはならないものです。

生きている限り、意識しなくても勝手に自律神経は四六時中働いています。
そして、意外と思われるかも知れませんが、ほとんどの痛み(外傷性は除く)や病気の原因はこの「自律神経のバランス」が関わっています。

本来、危険から身を守ったり、瞬時に身を守るために機能するものなのに、現代社会では暴走の引き金になっている自律神経の働き。

その原因は一口に社会を取り巻く環境の変化やストレスだと云われますが、
実はもっと突き詰めていくと根底には個々の「思い込み」や「感情のパターン」があるようです。
自律神経のバランスが変動する原因は様々。

例えば、アレルギー(食品、植物、動物、対人)、菌、ウィルス、放射線、金属類、ホルモン、気候の変化、気圧の変化、薬害、DNAなどですが

一番の原因はなんといっても ストレス(感情や思考)

また自律神経やストレスと聞くと、性格に問題があるんじゃないかとか、根性論に至りがちですが、「心の症状」以外に慢性の肩こり、腰痛から高血圧、糖尿病、脳梗塞やガンなどの疾患は自律神経が乱れ、自己治癒力が働きにくくなった結果です。

なぜ?肩こりや腰痛の原因が多岐に渡るのか?

なぜ肩や腰ばかりを治療してもなかなか良くならないのか?

なぜ?生活習慣病は薬を飲んでも治らないのか?



実は痛みを感じたり病気になるには必ず『プロセス』があります。
0000442651.png
自己治癒力の発現にブレーキをかけているもの


①自律神経やホルモンバランスの乱れ

②血流、リンパ、脳脊髄液など、還流の問題

③調節系および内臓機能の問題

④体温および防衛系の問題

⑤思い込みによる感情と行動のパターンが影響する場合



ですが、自律神経症状を長期間伴うケースには⑤の考え方のパターンが原因となっているケースが目立ちます。

本人は意識がない、気がついていないケースが多く、このような底辺の問題も根本治癒に向けて見逃すことはできません。
0000439003.png
例)Aさんの自律神経症状の場合

①幼少の時期、両親からの愛情を注いでもらえなかったことで、「自分は愛されていない」という思い込みが形成される
                ↓

②「自分は愛されていない」「ありのままでは受け入れられない」という思い込みが一倍頑張らなければいけなという感情のパターン、行動のパターンに反映され、限界まで頑張り、慢性的に自律神経を乱す

                ↓

③寝ても回復しない状態、いつもいろんなことを考えて、気が張っていて体と脳が休まらない状態が続く(脳疲労)
                ↓

④慢性的な失調に至るが、体の過緊張状態がさらにすすみ、病気を発症



このように病気を発症するまでに川で喩えると上流、中流、下流のプロセスがあることを見逃すことができません。

そこには問題部位を「出来損ない」と捉え、因果関係を知ろうとしない現行のやり方には限界があるようです。


体を成り立たせている「身体・心・魂」
いろいろな角度から原因を追究し、根本改善を目指します!


人には本来、自分の力で治す(回復)する力が備わっています。

この回復する力が正常に発揮されれば、
治らない病気はないと言っても過言ではありません。


ここで、も一度、大切なフレーズ

それは


体はどんな状態でも常に元に戻ろう、治ろうとしている。

です。

0000444689.jpg

問診・検査・主なテクニック


症状や病気になる原因は自律神経、内臓問題、血気の低下、過去の精神的分野、生命エネルギー、意識に至るまでいろいろな原因が考えられます。


施術に入る前に、必ず問診を行っております。
そこでお聞きすることは今ある症状が「いつ」「どこで」「どんなふうに」は大前提ですが場合によっては家族構成や生活習慣、または過去の環境などについてです。

なぜなら、問診は原因を探していく上で、とても大きなヒントになるからです。(中には答えたくない方もみえますので、無理に回答していただく必要はありません)

問診が終わりましたら、潜在意識を介して症状の原因を検査していきます。

※潜在意識とは生まれてから聞いたり見たり感じたり体験してきたことがすべて記憶されていますが、潜在意識を介して(利用して)根本原因を引き出していく検査方法です。

また、症状により、時間が多少オーバーする場合がございますのであらかじめご了承ください。

 

0000351902.jpg
内臓調整

内臓体壁反射に基づいて合理的に身体を調整する手技療法。

画像にはございませんが、上向きになっていただき手で軽く把握プレスする方法とうつ伏せの状態で仙骨と問題部位に手を当て、同調させることで内蔵機能に働きをかける方法。

最近では直接、自律神経を調整して、内蔵機能に働きかけるテクニックが主流になっております。
0000351901.jpg
頭蓋調整

頭蓋骨にやさしく触れ、可動性を失った縫合を整えることで脳脊髄液の流れを促進させ、自己治癒力を引き出すことを目的とします。

脳脊髄液とはいわば、「脳と神経」に栄養を与え、「生命の泉」と呼ばれています。脳脊髄液の還流が調整されると、中枢神経系に働きかけ、いい影響を与える。
例えば自律神経系、ホルモンのバランスが整ったり、筋肉が柔らかくなったり、内臓機能が正常化したりと、人間の根本的なアプローチになります。
0000351908.jpg
上部頚椎の調整

背骨を腰から順番にやさしく揺らすことで上部頚椎を調整します。
上部頚椎は自律神経が安定するかどうかに関わる大切なところですので、特に硬結や過緊張があるた方には効果的な手技療法です。

また、エネルギーチャージを目的とした手法(画像にはございませんが、上部頚椎に直接働きかけするテクニック。)はエネルギー状態が低下している方に活用します。
0000351921.jpg
膜の調整(&重心軸調整)

足を軽く揺らしたり、触れていきます。
ここでは骨盤隔膜、横隔膜、胸郭上部位を順番に調整し、呼吸が深くなるように呼吸を整えることを目的とします。
0000428164.jpg
クラニアル経絡反射調整

肺経、大腸経、脾経、胃経、心経、小腸経、腎経、膀胱経、心包経、三焦経、肝経、胆経、すべての経絡を調整します。
片手を側頭骨、前頭骨、後頭骨に、もう片手で仙骨に触れ、仙骨でモニターする手法です。


0000428763.jpg
エナジー・スキャニング

組織、細胞、器官、臓器などはすべて周波数をもっています。
それは量子力学でいう波の状態(波動)であり、情報になります。

エナジー・スキャニングは正常に機能しなくなった場所をスキャニング(検出)して、機能しなくなった場所を修正して正常な状態に復元することを行います。

モニター部位は首の付け根(盆の窪)をモニター
もう片手を身体から20、30cm上に手をかざして、生体エネルギーの流れを追っていきます。
0000351928.jpg
感情解放テクニック

感情、トラウマなど、筋骨格分野以外の問題にアプローチしていきます。(基本、手で触れません。空間調整。)
当院オリジナル作法の一つで肉体レベル以外の問題(例えば、ストレスやトラウマ)を浄化していく場合に用います。(申し訳ありませんが画像が追いつきませんm--m)



〇エクササイズ

・カウンセリング
・マインドフルネス
・マインドセット
・コーチング
・呼吸法



自己紹介

0000428095.jpg
申し遅れまして、代表の保木覚(ほきさとし)と申します。

名古屋数ある治療院の中から、こちらのページまで目を通していただきありがとうございます。

こちらにお越しなられたのも何かの縁というふうに感じずにはいられません。


以下、整体業に相応しい、ありふれた紹介ではありませんが、最後までご覧いだければ、幸いです。



幼い頃はいつもビックな夢を空想をしてたと記憶する幼少期。海外で人並みはずれたビックな夢を実現する為に東京の大学へ上京。
そして夢を叶えるために中国の留学や東南アジアの多くの国へも行かせていただきました。


しかし卒業後は、ずっと思い描いていた進路ではなく、構想から大きく外れた証券会社の入社でした。(いや、そこしか内定がもらえませんでした)


当時、規制緩和のあおりを受け金融再編の大波は入社したての会社にまで容赦なく押し寄せました・・・

怒涛の合併・再編を繰り返し、小さかった会社が大きくなり、数年後いつのまにか私は大手の証券マンに
(ご想像のように会社が大きくなるということは社内の競争と合理化が激しくなるということです。)


当初はへなチョコ、万年、最下位成績の私が、あることを切っ掛けにして、仕事に遣り甲斐を見出すことが出来ました。


自己満足だったかもしれませんが、数字を出していくために365日ほとんど休みなく仕事に注ぎ込みました(土日返上)。
傍目からしてみれば、馬車馬のようだったらしいですが、辛くて大変に感じることはありません。
なぜなら、いつかビックな夢を実現するといった希望があったからです。


そして、退職 なんとなく退職届けを出してしまいましたが、今でもそれが、なぜそうさせたのかがわかりません。。


イチョウ葉との出会い、自律神経免疫療法との出会いそして、この道へ

親切な知人の紹介でイチョウ葉を販売する会社へ再就職。

そして、イチョウ葉を研究する中で、自律神経免疫療法に出会い、末期がん患者が次々と手技療法によって蘇生していく場面に衝撃を受けました。

そしてこの出会いがこの道に徹していく切っ掛けに


自律神経免疫療法との出会いが今でも私の原点、下支えになっております。

                         
また、「病気の陰には〇〇がある」「患者さんの訴えの裏に何があるのか?」みたいな普通に考えると治療とは関係ないことも数々、偉大な師匠から教わりました。



今になって人生を一旦振り返り、「なぜ退職をしてしまったのか?」「なぜ、この道を選んでしまったのか?」
「なぜ?幼少期の時にずっとビックな夢を思い描いていたのか?」を考えることがよくあります。

実はこの仕事に携わってなんとなくですが、その意味がわかるようになってきました。そのキーワードとは・・

「潜在意識」と「思い込みのパターン」



またこの「潜在意識」と「思い込み」が痛みや病気とどのように絡み合っているのかも、とても興味深いところです。
最近の研究でも科学的根拠に基づいて解明されつつありますが、この関係性こそが病態の早期解決に向けて大きな役割を果たせて
くれるものになるのだと確信する日々です。


実は病気の正体はとても単純でとても身近なものかもしれません。

今後も慢心を廃し、日々精進、磨きをかけてまいります。

最後まで目を通していただきありがとうございました。
自律神経整体 After mago 名古屋市南区道徳通2-51 道徳ビル1階 自律神経失調症、パニック障害、うつ症状の整体院

モバイルサイト

After MagoモバイルサイトQRコード

After MagoモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • FACEBOOKバナー