自律神経失調症とパニック障害の専門院
名古屋 自律神経専門整体

自律神経のお悩み、パニック障害の治療なら名古屋南区の自律神経専門整体へ

0000331776.jpg

HOME ≫ ブログ

ブログ

飛翔

0000388665.jpg
こんにちは
名古屋自律神経整体After magoです。

今日とあるウェブコンサルト会社の友人から、集客の為のHPバージョンアップのお誘いがありました。

確かに、当ホームページは自我流作成ですので、集客向きではありません。
某有名整体のhpと比べると、ページ数もさることながら、アピールの仕方、インパクト、行ってみたいと思わせる演出にかなり劣ります。。

しかし、はっきり申し上げて、After mago自律神経整体の使命はそこにはありません。


テーマはかなり飛びますが、今現在、「名古屋 自律神経」 「自律神経 名古屋」とウェブで検索すると、最近になりようやく弊社が一位になりました。
これは日々のウェブ更新作業と数々のブログ愛読者様の支えがありまして、数年の歳月を経て、現在がありますが、これは集客する為、整体を生業として生活していく手段ではないのです。

自律神経整体が目指すところ、それは「今までの概念を根底から変える」作業を繰り返しt徹底的に行っていきます。

地域単位は全国流布です。

そしてその媒体が「自律神経」になります。
2016年07月26日 18:08 |コメント|

馬瀬村

0000394987.jpg
こんにちは
名古屋自律神経整体After magoです。

いよいよ夏休みでスね。。


夏休みと言えば・・私は母方の在所、岐阜県馬瀬村で休みの大半を過ごしました。


馬瀬村といえば、「日本一の清流、鮎の友釣り」で有名ですね。

最近では峠を超えて、集落に入ると、めっきり他府県ナンバーの車が増えてしまいました>__


そんな、自然の宝庫、心身のオアシスがあるということ自体がものすごく恵まれたことで、時折心身を癒しにいけることが何よりも贅沢で有難いことです。



豊富な自然に活かされた大地に寝っころがると、照りつける太陽と大地から湧き上がる熱気に体が癒されます。

そして、吹き抜ける風といくつかの音(小川のせせらぎ、野鳥の鳴き声)に集中して、只々、呼吸法を行えば、即席、馬瀬バージョンのマインドフルネスの出来上がり!!


ストレスをストレスと感じないようにする為の瞑想法で、、

何にも頼らない自分で健康を保っていく為の最適なエクササイズだと思います。



最後は山肌から染み出る清水をいただき、自然の恵みに感謝。。


(写真:今月三度目にしてやっと出会えた遠近感。。中山七里の急カーブを超えた高山線とのWクロス地点はとてもおススメ)
2016年07月21日 11:54 |コメント|

血を増やすと脳内幸せホルモンが増える

0000393707.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

あるクライアント様から「健康は血流で決まる」というタイトルの
書籍を紹介いただきました。


その中で今回は「気虚」について

気虚とは書いて字のごとく気が足りていない状態
気とは例えば、「元気」とか「気が休まらない」などいいますが、、


すいません 時間切れ  続きは後日・・m--m

2016年07月14日 15:15 |コメント|

コモン・ヒューマニティー

0000392510.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

昨日に続き、スタンフォードのストレスを力に変える教科書から


挫折や失敗は心理学では「コモン・ヒューマニティー」と
呼ばれています。


「人ならば誰でも失敗や挫折はするものだ」
「誰の人生にも辛いことはある」

などと認識するのか、それとも

「こんなに苦しんでいるのは自分だけだ」と思い込むのか


身体に及ぼす影響は計り知れません。。




・他人の幸せは大きく見える

わたしたちの目には他人のストレスが小さく見て、
他人の幸せはやたら大きく見えることがあります。


特にSNSをはじめとするコミュニケーションの形式も
このような錯覚を生む原因の一つに


フェイスブックのようなソーシャルメディアに費やす時間が長くなると
孤独感が強まり、生活に対する不満が大きくなることが
研究によってわかってきております。
(他人の幸せのほうが大きく見えるからでしょうか)



「人は誰でもつらい経験をしている」

「こういう苦しみは人間なら誰でも経験するものではないだろうか」

「人には必ず解決する能力が備わっている」 など
2016年07月08日 21:30 |コメント|
0000392266.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

「ストレスは害ではなく、自分を守ってくれるものになる」
最近、あるクライアント様にお借りした書籍
スタンフォードのストレスを力に変える教科書の一説です。


ストレスは悪いものだという「思い込み」をマインドセット
することでエネルギーに変えていくストーリー


その中で今日特に注目したのは
他者をいたわると「恐怖」が弱まり、「希望」が生まれる  です。



ここで書かれている
「思いやり・絆反応」は
3つの脳のシステムを活性化させる



①「思いやり・絆反応」はオキシトシンによって調整される。
このシステムが活性化すると、思いやりが強まり、脳の恐怖中枢
の働きを抑えて、勇気を強める。


②「思いやり・絆反応」は神経脳内伝達物質ドーぱミンを分泌する。
このシステムが活性化されると、やる気が強まる一方で恐怖が弱まる。


③「思いやり・絆反応」は神経脳内伝達物質セロトニンによって作動する。
このシステムが活性化すると知覚や直感や自尊心が強くなる。



周りの人を助けようとするとき、
脳内はいつもこのような状態になります。

癒しのホルモン
オキシトシンによって満たされる


報酬システム
ドーパミンによって満たされ、不安が弱まりやる気が出る


調律システム
セロトニンによって満たされて、調和バランスを維持してくれる



2016年07月07日 18:13 |コメント|

本当に大切なものは目に見えない

0000391181.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

先ほどのクライアント様に
「健康になる為の一番いい方法は何ですか?」

と聞かれました。即答は避けましたが、


最近思う、一番の健康法は 健康番組は見ないこと!声を大にして言いたいところですが・・・・・




どうしても個人的見解は避けたいものですm--m


個人的には利益を追求する媒体からは真実の情報は得られにくいと考えてしまいます。。


いかに視聴率を上げるかに囚われ、
シンプルでインパクトがあるものを追求しすぎて、主張に偏りが・・
(偏ったほうが売れる風潮が背景にあるかもしれません)


中でも健康に関してのメソッドは
一律こうすれば、よくなるというもではありません。


なぜなら、人それぞれ、体質、体癖というものがあり、
思考の癖やエネルギーの発散方法もバラバラに異なるからです。

例えば、水をたくさん飲んだほうがいい人とそうではない人


ジョギングをすることでメリットがある人と逆にデメリットを受ける人


慢性腰痛には長風呂は良くないということをテレビで言っていましたが、
お風呂でしかリラックス、エネルギー発散来ない人が
お風呂をという最高の癒しを失われると、身体のバランスは簡単に壊れてしまいます。


コーヒーをたくさん飲むとガンになるリスクが減るから、
何杯でも飲んでもいいのでしょうか?
胃や腸の質は南米と日本人では明らかに違いますし、
そもそもカフェインの取りすぎは交感神経を優位にしますので、、、
どうなるでしょう。。」あとは想像におまかせします。


歩き方もこういう歩き方にすると健康にいいとありましたが、
これも、股関節の可動域や骨盤の形による差異で
出来る人と出来ない人がでてきます。

それを誇張演出することで
余計に不安を煽ったり、悪影響をおよぼすことを考えないのでしょうか。


当院にもいらっしゃいます
ゆっくり休養をして血気エネルギーを高めないといけない人、

身体を動かすことでエネルギーを発散できる人

部分的な痛みをとることよりも身体全体の調和が必要な人

直ちに薬をやめれば、自律神経が回復されるだろうと思う人

血の量が少なく一刻も早く内臓を休めたほうがいい人

栄養、充電よりもマイナスエネルギーや邪気の解放が必要な人


その人に何かが必要であれば、
不要なものもある


執着
囚われることがいけない場合もあれば、その逆もある


不安を感じないほうがいい場合もあるし、
感じることでプラスの結果を生むこともある


ストレスはいけないという一方で
ストレスは力になる場合もある



世の中、100%正しいものは無いとおもう


何が正解で、何が間違いか
何が偽者で 何が真実か

正直 わたしもわかりません。。

2016年07月03日 16:10 |コメント|

目に見えないもの

0000390699.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

以前、NHKスペシャルで腰痛の原因の一つに「予期不安」があるという
紹介がありました。

先日お話した脊椎狭窄症のような
外科的に問題があり、神経が飛び出てても、脳内癒しホルモンが働き、
痛みを感じにくくするシステムがあるのだという話でした。


これは様々な症状にも言えることだと思います。


「またあの痛みが出たらどうしよう~」というような不安、

また当院では免疫系に影響を与える感情として

執着と不信 を説明しております。


執着とは不安的要素を回避する行動や
健康になろうとする意識の異常な強さ


不信とは対人、対社会への不信以外に
自分への自信喪失感や身体への不信


続きは すいません 後日mm--mm
2016年07月02日 16:39 |コメント|

外科的判断

0000390640.jpg
こんにちは
名古屋自律神経整体After magoです。

午前中のクライアント様、整形外科で脊椎狭窄症と診断された
方が見えました。


昨日の方も同様ですが、

身体の異常部分を欠陥と捉えるかそうではないかで
大きく結果を分けると思います。

“身体は出来損ないではない”とあるように


歪みは元に戻らないとしても、各組織が融通し合って
本来の状態(痛みの無い状態)に常に戻ろうとしています。


当院では人間本来持っている回復する力があると説明しておりますが、


脊柱管狭窄症の痛みや歩行困難、シビレなど、自己治癒力にブレーキを
かけているのは特に薬害(主に降圧剤、抗凝固薬)だと推測します。


以前にもお伝えしましたが、
降圧剤の長期服用は歩行問題の原因になるばかりか
脳梗塞や認知症リスクが極めて高くなります。(科学的根拠はありません)


本来元気な方が起きているときも、寝ているときも
血圧が一定であれば、どんな支障が出てくるのでしょうか。

気力を出す為に、組織へ血液と酸素を運ばないといけないのに
薬によって常時一定を保たれている状態など、あまり想像したくはありません。



高齢者のめまいによる転倒は当院周辺でも
よく起こります。

これも一概には言えませんが、脳の血液と酸素量に
影響を与えている降圧剤の原因を見逃すことはできません。



当院前を歩いているご高齢の方、
歩行に問題を抱えられている方を
拝見しますと、だいたいどんなものを服用しておられるのか
凡そわかります。

薬で治す行為=欠陥だと認めてしまう

ことになってしまうのです。



そんな中で日々習慣化されたエクササイズは


身体の変化を感じることができます。


この変化を感じることがミソ



もし改善、回復の兆しを感じられれば、
身体への自信に繋がります。


それをいかに体現化できるか


繰り返し 繰り返しの作業になりますが、


身体は悪いようにならないことが体現化できるはず


その上で、身体の声を聞く

過去の行いも、現在も
2016年07月01日 12:54 |コメント|

歩くという健康法(ストレス効果編)

0000390316.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。


毎日の日課をこなすことや毎日のルーティンを
行うことで脳の前頭前野が刺激され、あらゆる病気予防に
役だつという番組がありました。


そんな中で、私の日々のルーティンは
大まかに2分野に分けられています。

①自分の価値観に沿った習慣化作業(基本毎日行う)

・毎日一万歩歩く
・旬のものや田舎の食材を取り入れて、自然に触れる
・十分な睡眠をとる


②自分の苦手な分野の習慣化作業(毎日必須)

・3つのブログ更新
・30分以上の読書(どんなジャンルでも構わない)
・自己洞察一時間以上(瞑想)
・newsweek、日経新聞に目を通す


正直、これらを毎日こなすのはキツイです。


しかし、これらを習慣化していく中で、
自身のカラダが心が考え方が思考が少しずつ
変化している実感がいたします。


自身の健康の為に、
健全な仕事をする為に
自己願望達成の為に



ルーティン毎日やり続ける身体へのメリット
個人的な見解としては・・

エクササイズ行うことで、よくなっている、変化している実感⇒
回復する力があるのだと言う自信につながる

達成感や高揚感があることで日頃のストレスをストレスとして
感じにくくなる。

「今に注意を向ける」ことで、不安や恐怖に対応しやすくなる
(コルチゾールの分泌を抑えてくれる) etc





今日のテーマに大きくそれましたが、


歩行がなぜいいのか?


当院でも歩行の効果をパワーを
歩行によるクライアント様の大きな変化を
常々感じております。


以前、某番組でもありました、


歩行することで、

脳の延髄が刺激される効果があるとのこと


延髄は扁桃体と自律神経をつなぐ中継点


歩行により延髄が刺激されることで


ストレスの暴走の引き金となる自律神経と扁桃体のバランスと
整えるとありました。


将来は認知症予防やあらゆる病気予防に
歩行の効果が数値化され、実証されるそうです。
2016年06月29日 19:41 |コメント|

自然の恵みに感謝

0000390100.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。


もう、蝉が鳴く季節になりましたね。


昨日は休みを利用して、立田村のレンコン畑に行ってきました。


レンコンがある水田は農薬が使われていないのか、水中生物が
たくさんいまして、昔を思い出します。。


私が幼少を過ごした場所にも、目の前に水田がありまして、
季節になると、フナ、鯉、ドジョウ、水蟷螂、ゲンンゴロウ、タニシ
螻蛄や土竜など、

最近ではめっきりいなくなった生物に囲まれた生活をしていました。


こんなところで、農作業して、日を浴びて、規則正しい
食生活してれば、いつまでも健康でいられそうです。。


そんなこんなで、レンコン懐石を堪能し、
一万歩の歩行とたくさん日を浴びて更に自然のエネルギーを
注入してきました。


今週もどうぞ、宜しくお願いします。

2016年06月28日 17:16 |コメント|
自律神経整体 After mago 名古屋市南区道徳通2-51 道徳ビル1階 自律神経失調症、パニック障害、うつ症状の整体院

モバイルサイト

After MagoモバイルサイトQRコード

After MagoモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • FACEBOOKバナー