自律神経失調症とパニック障害の専門院
名古屋 自律神経専門整体

自律神経のお悩み、パニック障害の治療なら名古屋南区の自律神経専門整体へ

0000331776.jpg

HOME ≫ ブログ

ブログ

我即宇宙 宇宙即我

0000405012.jpg
こんにちは
名古屋南区の自律神経整体After magoです。


かつて、師匠が言っていました
「人間の細胞は常に宇宙と共鳴しながら生きていると」

当時は遠いことの話だと 無理やり受け止めていたけど、やはり墺底では共感できなかった自分、

師匠から、どんな物体にも周波数があって常に振動してるといわれていてもピンとこなかった当時の自分、

大樹を毎日抱いていると木の気持ちがわかるようになるといわれても半分は笑っていた。


「人間の細胞は宇宙と共鳴しながら生きている」かつて師匠のお言葉

人間は常に宇宙のシャワーを浴びている。。



宇宙とともに生きることができたらどんなに素晴らしいことだろう


我々、施術家はクライアント様の考え方や生き方と通して、様々な気づきを得る


もし、そのような視点がなければ、目の前で起こることは、単なる現象で終わってしまうだろう。

どこまでいっても謙虚に、向き合おう。。
2016年09月02日 17:14 |コメント|

生き難さ

0000412463.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。


日々のルーティンの中で個人的に苦手なブログ作業は毎日更新し続けて何ヶ月かがたちますが、苦手意識は払拭されません。文章の脈絡や文面センスがないばかりか偏った思考が益々センスのない文面にしてしまいます。


これは思うに夜型タイプがなかなか朝型に切り替えられないのと同じで持って生まれたセンスによるものと思います。


もって生まれたセンスという話になりますと、当院にもずば抜けて高いセンスの持ち主の方がたくさん来院されます。


一般的な社会では生きにくさを感じられる方も多いでしょうが、一般pepleにはない、かけ離れた波動と特異分野の持ち主です。


人は見かけだけでは判断できない。一見、頑丈そうにみえても、神経質で臆病で寂しがりやだったり、不器用そうで気が弱そうで繊細に見えても、肝心適所で能力を発揮して乗り越えていく

日常感じる不自由さ、でも普通の人と比べると損しているようで実は得していることがとてもたくさんある。。


当たり前のことができなくても、ありきたりなことに興味を感じなくても悩んだり、人と比較する必要はない


世の中の価値観に合わせようとするから、生きにくさを感じてしまう

もっと自分の固有の価値観、波動をもっと大切に、自分らしく、ありのままに立ち振る舞えばいいじゃないか。。


2016年09月01日 16:04 |コメント|

病気というものは存在しない

0000404147.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。


昨日、あるクライアント様から書籍をお借りしました。
タイトルは「その名はバシャール」

自分が一番ワクワクするものを 自分の能力を最大限に使って、結果に執着しないで行ったとき人生はすべてうまくいく

とありました。

一番ワクワクすることだけをして、目の前で起こっている現実に感動する、結果がどうであろうと、今がどうであろうと「ゆだねる」勇気をもつ

そうすることで考えもしなかったようなワクワクするようなことに遭遇することができる

では、もともとこうしたい願望やワクワクするものが無い場合はどうすれば・・?


著者はワクワクすることがなくても、今現実に起こっていることに感動や感激、感謝することで、信じられないようなワクワクに遭遇することができる



病気も症状も著者は存在しないといっております。

病気が自分の霊性、魂、精神のひずみを教えてくれるためにあるのだとしたら、

病気の存在意義は自分の改善しなければいけないところを教えてくれるシグナルだととらえてよいでしょう。。
2016年09月01日 12:46 |コメント|

偏った考え方

0000394987.jpg
こんにちは
自律神経整体After magoです。


「痛みや症状は体を必死に守っているためですから、痛みがでることはいいことなのです。」というとたいていの方には響き渡りません。


自律神経症状も本当の病気にならない為のいわば、ストッパー役だというふうに前提で考えると、臨床上、ほとんどの症状が交感神経緊張状態から解放されたときに出ていることに気づかされます。


日常、薬を常用していれば、身体が好転したときに薬から逃れようとする働きがでることは当然のことですし、日々浴びるようにストレスを受けているれば、身体は勝手に自律神経反射を使って本当の病気にならない為に自動装置のスイッチを思いっきり切るか、踏み込むでしょう。
ですから、自身で症状をコントロールできないのは当たり前のことですし、傷み(シグナル)を発している身体にむしろ感謝することのほうが当然のことと考えます。


はなしはかなりとびますが、先日、「手根管症候群」と「胸郭出口症候群」と診断された女性がみえました。
これらは病院側にしてみれば、都合のよい病気名として取り扱われていますが、根本原因は自律神経の乱れからくる血流障害かホルモン異常ですから、腕や胸郭を治療しても、問題の先送りを促します。


なぜ「問題の先送り」かといいますと、身体は必死になって問題点を教えてくれている、さもなければ、本当のびょうきになるかもしれない、、いわば、病気から逃れる反応に対して、身体の警告に耳を傾けず、痛みの解放を追ってしまうところに問題があるのです。


またある側面では、この女性は以前、更年期障害だと診断されていますが、ここ数年、動悸やホットフラッシュ、うつ症状が気にならなくなったということでしたが、

このような自律神経症状が気にならなくなったことは特に問題視することではありません。


なぜなら、症状がでなくなったということは別の問題が隠れているということだからです。




最近、当院でも特に多いブシャール結節やへバーデン結節の類の原因もホルモン異常です。

そして、興味深いのは自律神経症状があまり出ないか深刻な症状に至らない方に関節系の問題が多いという気づきを得ています。


毎日、浴びるようにストレスを受けて、不安に縛られ、薬を常用してなんとか徹夜で仕事をこなす、栄養ドリンクを飲んでジムに通い、深酒をして寝る日々のスタイル


このような方が 整体で症状をよくしたいと来たとしたらあなたはどう思いますか?
2016年08月29日 10:11 |コメント|

自律神経は精神性領域だけではない

0000411868.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。


当院のキャッチフレーズが「健康の鍵は自律神経のバランス」にありますように、ほとんどの症状や病気の根源は自律神経の乱れからくることを説明しておりますが、

当院ホームページをご覧になってお電話くださる方は精神性領域に不自由を感じられている方ばかりです。


これには当ホームページの表現方法がかなり偏っているので当然といえば当然のことです。


ある慢性治療医にようると、病院に訪れる患者の約8割は自律神経が明らかに均衡を失っていると云われています。


また、ある整形外科医も、整形や接骨院に通う慢性患者のほとんどに自律神経バランスの異常がみられるといっております。


いわゆる、肩こりでマッサージによくいく人は原因はもっと違うところにある場合がよくあるということです。


近年、こんなにも医療が進化を遂げているにもかかわらず、慢性患者で院内はごった返し、表面的な痛みや症状を追うだけの治療に専念されてては症状の上塗りを繰り返すばかりで、そろそろ本質の問題に気づかなくてはなりません。


そもそも、自律神経が乱れる原因には 大きなところでは薬害が深刻な問題です。



そして、最大の敵は 生き方の偏りと心の過敏性



当ホームページでも再三お伝えしておりますが、偏ったストレスは脳内伝達物質を減少させ、脳内組織を深刻な状態にしてしまいます。これが身体の複雑な生理作用と絡まって複雑な生体反応をだそているのです。


例えば、「自分は普通の自分では受け入れられない」とういう思い込みがあると、常に時間に追われたり、生き急いで、身体の声が聞こえないのである時突然、壁に激突してしまいます。


また自分の居場所がない、など常に不安に駆られていると、身体は常に過緊張で免疫力が下がります。


自己否定が強い、や消化されない不満はストレスホルモンやマイナスエネルギーを体内に帯電させてしまいます。

これらが、自律神経症状ばかりでなく、ガン、認知症、血管が詰まったり、破裂したりする原因です。


ですから、病気予防にはこんな食事療法がいいとか、血管を若返らせるサプリメント療法、、このような類多々ありますが、所詮枝葉になります。


一方で症状や痛みは本当の病気の前触れに身体が発するシグナルなのですから、症状を追うことよりも、予防医学の見地から、身体が黄色信号を発しないようにする生き方の処置をすることのほうが本当の病気にならないための予防に繋がる


治療する立場、される立場でというよりも、双方の意識改革がこれからの時代益々いよいよ求められるのではないでしょうか。

2016年08月28日 13:41 |コメント|

マインドセット

0000403042.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

今日のクライアント様から気づきがありましたのでブログにしてみました。


自己啓発に力を注ぎ込む方が非常に多いですね。

当院にみえるYさんもそのお一人。


巷にはマインドセット法なるものが沢山ありますが、、
やはり、日々、瞬間の工夫、向上心の積み重ねなくして自身の変革などありえません。


以下はある方からのブログで、私が共感できるマインドセットについての考え方


少なからず、人は勘違いしているのですが、自分の人生を生きるとは単に好き勝手に生きることではありません。
そうではなく。。自分の人生の責任を取るということなのです。

そして、それが出来るかどうかは  「珍しい人生で何度しかないようなイベントで起こること」では試されているのではなく、毎日起こっている、取るに足らない、場合によっては意識することすらしないような無数のイベントで試されているのです。


毎日、食べるご飯、着ている服、毎日会う人に対する態度、毎日使っている言葉、毎秒している呼吸
そういったことによって試されているのです。


その積み重ねがマインドセットになります。


つまりマインドリセットとは生き方そのものなのです。岐路に立たされたときにどう決断するのか、実際にどのようにアクションをとるのか それがマインドセットと

2016年08月27日 19:11 |コメント|

自律神経の揺り戻し

0000402526.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

今日は午前中、守山の川島先生の整体を受けてきました。その前は早朝の日課 ウォーキングで4キロほど歩き、公園内のイチョウの葉を収集

時折、奇異な行動に散歩している方々が尋ねてきました。「何をされているんですか?」

これ・・アルツハイマーに効くんです。。  ??

どの方も不信に思われたようでした(^^


でも  いつの日か  街じゅうのイチョウの葉が人々の採集によって消えてしまう・・ なんて想像したりもしました。。


というわけで、今日のテーマは「自律神経の揺り戻し」について


自律神経とは中枢神経と並び、核たる神経
随自意である意思に基づいた働きと意思とは関係なく勝手に働き方をする自律神経

食べたものを消化するときに食べ物が胃を通り、胆のうから胆汁が出て、膵臓から消化酵素が分泌され、小腸や大腸が働き、栄養素と便に分かれ便は便となって外へ出て行く

この一連の働きは意識しなくても勝手に行われる、人間が生きていくためのごくごく当たり前の自然の営み

これらを意識して自分でコントロールすることなどできません。


不意に身体に異物が入れば、くしゃみや嘔吐して必死に異物を排除するはず

目に虫が入れば、頭で考える前に反射的に目を擦って異物を排除するはず


自己啓発を受け、人生観が変わったと興奮し、元気になっても翌日、下痢と気力低下を繰り返した。⇒これは強い交感神経のあとにガラリと変わって強い副交感神経状態になったから。。



会議の連続の毎日から解放されたら、カラダがだるく、激しい片頭痛に見舞われた。
⇒交感神経興奮状態から自律神経の揺り戻しがおこり、血管が急激に拡張した。。



このような自律神経の揺り戻し=驚きの反応は日常生活の中でしょっちゅう起こっています。。

揺り戻しは誰にとっても不快なことですが、「揺り戻し」がなく傾きっぱなしのほうが、むしろ身体にとっては危険であって

「揺り戻し」で調整することのほうが本当の病気にならないために手っ取り早い対処方法なのかもしれません。。
2016年08月26日 12:27 |コメント|

潜在意識の書き換え方

0000389507.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

今日のテーマは「潜在意識の書き換え方」についてです。


やり方はとてもシンプルで簡単です。


それは寝る前の「黄金タイム」にとにかく楽しいイメージを思い浮かべてください。そうすることで毎日が楽しくなってきます。


「人は寝る前に考えた人間になる」といわれるように


潜在意識の扉は日常では閉じていますが、寝る前にこれがポカッと開きます。

そうなんです。。


寝る前は考えたことがコピーされるんですね。。




~おさらい~

①寝る前に嫌なことを考えるのをやめる
②寝る前に楽しいことを徹底的にイメージする



どうしても、不安やマイナスのことが頭から離れられない場合は寝る前までにリラックスできる状態を大切にします。

・アロマ
・ヨガやストレッチ
・塩で体を清める  etc


楽しいことを徹底的にイメージして、ニヤニヤしても気にしない


何週間もすれば潜在意識がきれいにクリーニングされるでしょう。。






2016年08月25日 14:53 |コメント|

痛みの原因が抑圧からの解放だとしたら・・

0000418943.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。


痛みや症状の本質は「抑圧からの解放」ですと言っても、まずほとんどの方がぴんとこられないでしょう。

これは、臨床上、常に感じることですが、どん底期よりも、体の状態が少し上向いたときに痛みや症状が起こりやすい

つまり、強ストレス状況下から解放されると、自律神経系、免疫系、防衛系(内分泌系)の機能が少しでも上向き、血気エネルギーが回復することで、メンテナンス(治癒反応)が活発になるからである。

極端な考え方かもしれませんが、人によっては主訴(痛み)を追わないケースも当院では多々あります。

なぜなら、痛みを改善させたとしても、その人のためにならないからです。。


巷では、何かの作用で痛みを止めるてることで、かえって健康レベルを押し下げているケースが目立つように思います。


整体業であるのに、痛みや症状を改善しなければ、相手側のニーズには合わないので矛盾します
2016年08月22日 12:52 |コメント|

パワースポット

0000401602.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

ほぼ、毎日ですが、「日焼けされましたね」と言われます。
それに対して毎日陽を浴びてますからとお答えしておりますが、よくよく考えますと誰もが毎日多少なりとも陽を浴びていますよね(^^

私の場合は陽を浴びる時間が平均よりも多いわけです。
それは散歩や自然のふれあいを通してですが、何よりも、太陽そのものが私にとってのパワースポットなのだと改めて気づかされました。。


適切な刺激(気づき)があれば、瞬間に身体は本来ある自然な姿へと還っていく

人にはそれぞれのパワースポットがある
それは場所だったり、人だったり、潜在的な気づきだったり・・
2016年08月21日 19:37 |コメント|
自律神経整体 After mago 名古屋市南区道徳通2-51 道徳ビル1階 自律神経失調症、パニック障害、うつ症状の整体院

モバイルサイト

After MagoモバイルサイトQRコード

After MagoモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • FACEBOOKバナー