自律神経失調症とパニック障害の専門院
名古屋 自律神経専門整体

自律神経のお悩み、パニック障害の治療なら名古屋南区の自律神経専門整体へ

0000331776.jpg

HOME ≫ ブログ

ブログ

目的ありき

0000425578.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

昨日の日経に「冬うつ」の記事がありました。冬うつとは季節性感情障害とよばれるもので、冬に太陽がほとんどでない北欧などに多い、季節性のある「うつ」。



日本では柿の未が赤くなるころから増え始めるといわれ、春先になると自然に症状が改善されることが多い。


10~11月頃から徐々に元気がなくなり始め、眠気やだるさが続き、何もやる気が起こらないようでしたら、冬うつの可能性があるかもしれません。というもの。。


なんで、この時期に多いかというのは、記事にありますように日照時間が短くなることで、日を浴びることから得られるセロトニンが少なくなるという理由



セロトニンとは通称、やすらぎのホルモンと呼ばれ、ストレスによる脳内疲労を防いだり、精神を安定化されたり、満腹感を与え、過度な食欲を抑えてくれます。


このセロトニンが十何時間後に睡眠ホルモンの「メラトニン」の変わるので、体内時計をいいリズムのしていくには まずは脳内伝達物質のセロトニンが大事であるということなのです。。

しかし、「冬うつ」の関するインターネット上の記事を見ると、ほとんどが「冬の日照時間低下⇒うつ気分、睡眠時間増える、過食⇒日を浴びることで改善」というお決まりのストーリー。。




雪国の地域よりも南国地域のうつ発症倍率が極めて低いという統計があります。

日照時間が短いほど、うつ症状を誘発させやすいというもの。

しかし、日照時間の問題だけなのしょうか?例えば、青森と沖縄を比較すると・・

(省略)

冬季うつの発症が明らかに高い北海道、東北、山陰地方と発症率の低い沖縄


沖縄だって鹿児島だって日照時間は冬に近づけば、短くなるものだし・・


うつを発症する原因は日照時間だけの差というよりも・・


私見たっぷりですが、、コミュニケーションする頻度の低下も冬季うつを発症させる大きな原因に入れてもいいのではないでしょうか。

なぜなら、寒いと外に出歩きたくなくなる、特に風が冷たかったり、雪が積もればなお更


人の繋がりが減り、家に閉じこもる、変化のない毎日と冬季うつの関連は大いにあると思います。




日経の記事に関して、長くなりましたが、


日経の記事やnewsweekに目を通し、世界の情勢や世の中の方向性を自分なりに分析してみたりするのが日課です。


そのほか

マーケットもチェックしますし、経済の勉強、リサーチ、読書は私にとって日々の必須科目です。



また、日々のルーティンの中にはブログの更新や一時間の散歩もありますし、

30分の瞑想も行います。

昼休憩は当院ビル4階の屋上に上がって陽も浴びます。(日光をおでこに当てることで脳内リセット)



このように自身苦手なことと、好きなことを日課にしているのすが、


正直、これらをこなすと施術時間に限りが出てきます。


これらは好きだからだとか、健康の為だとかの次元ではできないと思います。


瞑想や散歩  カラダにいいですよ


っと云われて 毎日できるでしょうか?


自分の体の為に健康的なことを意識して持続できるでしょうか?


わたしだったら、自分の健康のためだけに瞑想や散歩、日を浴びることなんて毎日続けることはできません。


ほとんどの人がそうじゃないでしょうか、もし、ゴルフのスコアを上げる為だとか、孫と登山にいけるようになりたいとか、電車や飛行機にふつうに乗れるようになりたいとか、観客の前で演奏を披露できるようになりたいとか、昔の輝きを取り戻したいとか・・



目的がそっちだったら・・話は別


健康だけの為に、こうしてください、ああしてくださいといわれても、あまり響かないものです。。


そんなことを今日思い出しました。。

2016年11月16日 11:45 |コメント|

出来損ないという概念

0000424956.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。


先日、あるクライアント様から、こんな電話がありました。

術後、翌日大量の黒便が出て、ビックリしましたということ


その後、ぐんっと調子が上がったとのことでしたが、


デトックスするためには血気エネルギーが必要なんだと改めて感じることができました。

すなわち、エネルギーが枯渇もしくはレベルが低いほど、デトックスが行われにくい。

(本来デトックスと思われにくい背伸びやあくび、ため息、不安感やイライラ感もその部類に入ります。)




何十年、長期服用の方が当院に来られますと、


術後、ほとんどの方が不快な現象を体験されます。



以前の古傷が痛んだり、かえって調子がおかしくなったりと・・


これに対してはいろんな捉え方がありますが、




特に自律神経症状を訴えられる方(昔、更年期を診断されたetc)


ほど、血気エネルギーが増すことで、脳が気づきを得るのだと思います。


薬を飲んで痛みや症状は抑えられているけど、ただ薬によって眠らされているだけだということを。


ずっと正常だと勘違いしてた脳が、本来ある自然の営み(人間らしさ)を発揮されないでいたことを再認識することで、驚きの反応(自律神経の揺り戻し)が出てくるのは
 
至って身体の正常な働きかけだと思います。
2016年11月14日 07:43 |コメント|

グラウンディング

0000424852.jpg

こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。


私の日課(ルーティン)の中で瞑想を取り入れていることは以前にもお伝えしましたが、ある芸能人は早朝、3時間瞑想をやるんだという番組があったことを紹介されました。

また、有名スポーツ選手や政治家が毎朝、瞑想をやっていると聞くと、そんなメジャーになっているんだと感じます。

当院でも、いい瞑想方法ないですか?とか、何かいいヨガないですかと聞かれたりもします。


でも瞑想って結構、難しい・・


そこで、瞑想しなきゃーと思えば思うほど、頭の中はおしゃべり状態、いろんな雑念で一杯で全然上手にできませんという方に

押すすめしているのが

グラウンディングというもです。


読んで字のごとく「自分を地に足をつける」という意味


瞑想しても瞑想できないとか、マインドに支配されて雑念が消えない、うまくできないのは要するに地に足が着いていないから

ですから、瞑想をやる前に是非グランディングをやってみてはいかがでしょうか。。



ある専門家は瞑想を30時間やれば、脳が変わるとか言っていました。

ホントにそうなのか怪しいところですが、、


一日10分やれば、半年の計算になります。





グラウンディングの効果はリラックス効果はもとより


心の平穏を取り戻せます。

日常の中で何かの理由で落ち着きを取り戻したいときとても役に立ちます。


自己洞察力が増し、深い部分で理解できるようになる


驚きの体験やカラダがコントロール利かない状況に対応できるようになります

自信が漲ってきます。


やり方としては呼吸と身体に意識マインドを向けること


これだけを繰り返しやっていけばいいんじゃないでしょうか。。




最近、私はグラウンディングにマインドフルネスを要素を取り入れるようになりました。


グラウンディング中、でも・・いろんな雑念が湧く


例えば、昼ごはんは何にしよう・・  こんなやり方で本当にいいのだろうか? 


そんなときはよそ事、雑念を排除せず、そういう集中できない自分を客観的に感じるようにする。

只、感じ尽くす作業が大事だと思う。。


今、こんなこと考えてたんだぁ~自分・・ 今 は集中できないのね・・・


みたいな



そして、感じつくしたら、再度、呼吸と身体に意識を集中することに挑戦をする


できなければ、できないでもいい、 ゆだねる事も大事!

let it  be


繰り返しやれば、必ず上達します。


騒音の中でも、電車の中でもどこでもできるようになるでしょう。。

2016年11月13日 12:23 |コメント|

見ようとするから見えない

0000424851.jpg
感じようとするから感じれない

こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。


故福田稔先生はこんなことを言われていたと記憶します。


福田先生は経絡というものは、存在しないとも言っていたし、経絡図なんて当てにならないといっていた。


卓上の勉強ばかりしているから、臨床で詰まる、ぶち当たる


確か・・  ここに肺経があるはずだが・・・ 実際はそこではない

みたいな・・

だから、迷走する、自信喪失する、挫折する・・


おそらく、福田先生は触らなくても、走行を感じていたのだろう


経絡は、人によって、状況によって、コンでィションによって走行が変化するものと云われていた。


※ケンシロウは心臓の位置が通常と左右表裏逆のサウザーには通常の秘孔では通用しなかったときのように。。(医学に精通していたトキだけが知っていた。)
2016年11月13日 08:00 |コメント|

周波数を整える

0000424609.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

先日のセミナータイトルは「身体を診る聴くパート4」
遠いはるばる行ってきたセミナーの中身はといいますと、相手の周波数を感じる訓練

ひたすら、感じる 訓練 ひたすら

途中で眠たくなる 訳がわからなくなる 勝手に瞑想して時間が過ぎるのをまだ待つ・・


これが、また苦手な分野なのであります。

でも立場的にそうはいかない・・


周波数というと難しく感じられますが、相手のことを感じるということシンプルな表現でいいのではないでしょうか。


感じとる・・ ある先生は相手の状態を自分のハートに落とし込むという表現をされていました。


私には正直それができません。 訓練する、上達しようとする姿勢・・云々言われましたが、生まれつきそういうものを持ち合わせていないのです。

感じようとすればするほど、力が入る・・


ここまでくると、 ホント センスの問題ですね。


私には ズバリ そのような感性、センスはありません。




しかし、周波数を拾うことができなくても、

自分が謙虚な立場になって相手から学んでいこうという姿勢


少しでも、自分にないところ、いいところを感動し、相手に共感できたらどうだろうか。。


経絡もツボも開かなければ、響かないと誰かが言っていた。


自分がオープンになって、相手の心の扉を開けていただく、


苦手な相手でも、その人の心にどこまで寄り添うことができるのか

自分がどこまでできるのだろう


臨床は自分を成長させていく糧


学んでいこう、成長していこうという波動がまた相手の魂を揺さぶるのだと思う



そうすることで、お互いが心地いい響きを融通しあえるのだと。。


逆にそのような考え方がないと、いろんな現象が


単なる偶然としか捉えることができなくなる。。
2016年11月12日 09:13 |コメント|

全経絡を整える

0000424448.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

昨日は「身体を診る聴くセミナー4」が入り、急遽ご予約をキャンセルさせていただきました。S様、I様ご迷惑おかけしましたm--m


連日、経絡指圧についてブログを書いていますが、実の部分、例えば筋肉の過緊張や硬結は虚している部分を補えば、実は自然と解消されるというもの

実際、多くの方の場合、主訴は実の部分を訴えられますが、原因は虚している部分にあります。


虚は弱い感じでエネルギーが不足している状態で、

陰陽でいいますと、陰傾向の方に多いです。

一方で陽傾向(大笑い、大酒飲み、エネルギーに満ち溢れた、無理しても疲れないetc)の方には虚を補すやり方では物足りなさを感じられます。

虚を補すよりも、直接、強い刺激で陽部分を寫したり、即効性を感じられる手技を好まれますので、人によって臨機応変といったところでしょうか。


因みに当院では約8割近い方が陰傾向ですので、虚を補すやり方がメインになっています。


ここで、頭蓋とエネルギー体にコンタクト意図することで、全経絡トラブルを解消することを可能にした『トキ』という手技をご紹介します。(更に精度を上げていく必要があります。)


一つは後頭下(盆の窪)をモニターとして、エーテル体に働きかける方法

もう一つは頭蓋(側頭骨、ブレグマetc)をコンタクトして仙骨をモニタリングする方法です。


これらは特に感情やマイナスエネルギーの解放、エネルギーが満ち足りていない状態に用いることが多いです。
2016年11月11日 09:18 |コメント|

慢性的な病気や症状は抑圧からの解放

0000372284.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

ここのところ、連続になりますが、増永静人氏の経絡思想について記述させていただいております。


生前、福田稔先生は常々「カラダは悪くならない」「カラダはできそこないではない」とおっしゃってました。

カラダを欠陥と捉えるから、薬を処方し、処方されたものをそのまま服用できるんだと・・


血圧が上がれば、降圧剤

痛みがでれば、抗炎症薬

寝れければ、睡眠導入剤っといったように


血圧が上がるにはそれなりに理由がある。もしかしたら、カラダを守る為におこしているかもしれないし、身体の情報、シグナルを一生懸命知らせてくれている状態なのかもしれない

そんなこととは我知らず、欠陥品だという認識に立てば、薬を飲んで血圧を薬によってコントロールし押し下げることに何ら抵抗はないでしょう。


長期間降圧剤を処方されている方の背中は脊柱より右側(胸椎⑤辺り~腰椎③辺り)の硬結があります。
経絡でいうと、胆実の傾向が強いと感じます。

胆実の特徴は、本来持っている生命の輝きが奪われている状態で、

痛みや数値は抑えられるけど、人間本来の自然の営みが発揮できません。。(慢性症状に対して長期間服用)

睡眠導入剤、降圧剤、抗うつ剤、抗炎症薬、ホルモン剤etc

胆実傾向の具体例としては

責任が重く、気を使い疲れる
無理をおしとおしてきた
小さなことにくよくよしやすい
イライラして腹が立つ
気ばかり焦り、せわしくして落ち着きがない
目の使いすぎ、目が疲れる




もう一つの特徴は右大胸筋鎖骨部に硬結があり、右に圧痛があります。

これは薬から逃れる生体反射であり、腎臓肝臓疲労の典型例です。(例外的に筋骨格の原因もあります。)


あくまでも個人的見解ですが、

脊椎狭窄症は薬から逃れる為の生体反応だと感じています。


整形では筋骨格の変位や神経とかが焦点になりますが、


降圧剤や抗凝固剤からの腎疲労の影響を見逃すことはできません。


ついでにですが、椎間板ヘルニアはストレスが原因です。

筋骨格や椎間板の変位はストレスから身体を守る為の生体反射から生じるもの


ヘルニアは経絡で言うと膀胱虚に該当します。

痛みや症状を追いかけるのであれば、話は別ですが、
根本的原因は筋骨格だけの問題ではありません。
2016年11月10日 12:33 |コメント|

続続・経絡指圧 抑圧からの解放

0000365203.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

今日は木枯らし一号が吹き、益々冬らしくなってきました。只今も石油ストーブなしではブログが書けません><

一昨日から経絡指圧について記述しておりますが、「指圧」という書籍は偶然にも私が生まれた月に発刊されたことに今気づきました。

なんとも縁を感じます。


今日は書籍「指圧」から 病気の本質について筆者の思想感について紹介したいと思います。


病気とは一般的に悪いものとかマイナスのイメージがありますが、

著書では 病気の苦痛とは自己治癒力の過剰な反応によっていると説明しています。


まさに、痛みや症状は抑圧からの解放による、治癒反射ではなかろうか


病気をするということが、むしろ生命の働きによる結果だと考えるならば、病気の現象をどうしようというよりも、その原因となった何かを問いかけるほうが大切です。


病気を根本から治すという為には、病気の本体が何かということがわからないといけません。。


病気とは、もともと自己治癒力の働きによって現したのですから、その病気を理解することが、すなわち自己治癒力に協力することなのです。


ここに東洋医学の「診断即治療」の秘訣があります。

2016年11月09日 20:05 |コメント|

続・経絡指圧

0000360423.jpg
こんにちは
名古屋自律神経整体After magoです。


経絡指圧を学び始めてから、8年あまり、紆余曲折を経てバージョンアップした経絡思想を取り入れたことで手技の幅が広がりました。

増永静人という方が提唱した経絡の世界は一般的な鍼灸さんが学んでいる経絡とは一種異なる。


また、この一種異なった思想感


浪越指圧がメジャーであれば、経絡指圧は志なかば、、非メジャーではなかろうか




経絡指圧では表面の目立った動きのある陽よりも、裏面の隠れた静かな陰の働きを重視している



増永静人著「指圧」にこのようにあります。


実は目立って動きのある症状を示すもので、ついこれを攻めて早く治そうという気にさせます。

しかし、犯罪の蔭に女ありというように陽をあらわす原因は、陰の蔭のかくれて表面から見えにくい虚の力にあるのですから

虚を補うことでジワジワと全体から治そうというのが円環思考になるでしょう。。


表面から見えにくくて存在するものを虚というのであって、単なるマイナスではありません。。

ズレとか歪みというのは、絶対的な悪の状態ではなくて、正常からみて相対的なゆがみがあるにすぎず、しかもそれは正常の戻ろうとする力が内部で働いていることを意味します。


元に戻ろうとする力が、何らかの原因でヒズミになって現れたのが病気の症状で、そのヒズミの存在を虚実と表現します。。



また、虚を補す難しさは虚を衝かず、虚に届かないといけない、紙一重のところに入っていく


「貴ぶところを待ち手て日のくるるのを知らず」の古典にあるように焦らず、大切な人を待つ気持ちで安定した状態を保たなければいけません。


虚を補せば、実を押さえた手に、経絡の響きが伝わってきて、次第に実のコリや抵抗が変化して消失していくのがわかります。


正確に虚を証して、的確に虚を補す技能が必要なのですね。
2016年11月08日 16:27 |コメント|

経絡指圧 経絡秘孔

0000360424.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

ちょうど今ぐらいの季節、何年か前私は夜行バスに乗って毎週のように東京を往復していました。
目的はセミナーに通うため。

自身、整体業のルーツといえる自律神経免疫療法を故福田稔先生のもとで学んでいました。

内容はといいますと、西洋医学では治らないとされる慢性疾患やがん患者を対象に刺絡治療を施すというもので、、、


最終的にはドクターの特権でしかない針を刺して悪い血を出すという行為は医療免許のない私の立場ではできないと判断し、免疫療法は断念しました。。


同時に東京の医王会や経絡指圧普及会で経絡指圧も学んでおりました。



当時は池袋でセミナーを受け、午後からは上野の御徒町駅まで講習

山手線で、途中下車して、紅葉の銀杏並木を堪能したりもした。


(省略)


テレビで登場する経絡秘孔は708種類あり、北斗の奥義で秘孔とは人体に点在する、経絡(血の流れ、神経の流れ、気の流れ)を司るツボというのが流行りました。。


北斗神拳をはじめとする北斗の流派では秘孔に指を突き入れ、気を送り込むことで一瞬にして人体に様々な変化を可能とする奥義


その中でも、トキの秘孔術は人々の難解な病を瞬間にして治癒させる奥義で、当時からトキは私の中では特別な存在でした。

いつのまにか憧れは秘孔=経絡(経絡秘孔)となり、トキの影響もあってか、経絡を自在に操れるようになりたいという馬鹿馬鹿しい願望があったのは確かだと思います。


(省略)


経絡指圧は自身にとって第二のルーツ


増永静人著の「指圧」にはこのような記述があります。


経絡は生命を保つ気血のルートであるとともに、陰陽が時間的に展開する三陰山陽に分類される

十二経絡はやがて六臓六腑と呼ばれるようになりましたが、その働きは臓腑そのものに作用するといよりも、その臓腑を中心として全身の機能系を分類したものと考えたことが妥当でしょう。

経絡を流れる血気が順調であれば健康ですが、この流れに滞りがおこると臓腑の機能障害がおこり、病気になるというのが経絡病理観です。

したがって病気を治すには、この血気の滞りを正常に戻せばよいのです。


経絡の滞り方を、陰陽で分類したときに、虚実という概念が生まれます。


は正常から欠けている状態で、は正常よりも過剰になった状態

古典に「虚に気の満ちてくるのを待つのは、たいせつな人の来るのを期待して日の暮れるにも気づかぬほどに、じっと心をこめて待つようでないといけない」と


すなわち、実はみつけるのは割りと簡単ですが、虚は見つけにくい上、じっと時間をかけて内から力の満ちてくるのを待つという難しさがある


生体のヒズミの力が強いとき、実証の体質なれば、寫(?)の作用だけで正常に復することができますが、消耗性で体力のなくなった虚証の病人のときは、的確に虚を補わないといけないのです。




以上のように、当時の私は虚症を立てることができなければ、虚を補う本当の意義もわからず、

結局、数々の挫折を繰り返し経絡指圧を封印してしまった。



数年来、臨床上、経絡を用いることはありませんでしたが、



訓練して得た組織と組織に同時に手を合わせる同調法が、


まさにこの補寫の考え方と重なった


時が立ち、もう一度増永静人著「指圧」を読むと、筆者の言われていることが、あのころと違った意味で一層の深みをも感じ取れる



今では頭蓋にコンタクトするだけで全経絡トラブルを解消できる手技を開発(更に精度を上げていくために日々精進中)



遠回りしてきたけど、無駄ではなかった。
2016年11月06日 10:56 |コメント|
自律神経整体 After mago 名古屋市南区道徳通2-51 道徳ビル1階 自律神経失調症、パニック障害、うつ症状の整体院

モバイルサイト

After MagoモバイルサイトQRコード

After MagoモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • FACEBOOKバナー