自律神経失調症とパニック障害の専門院
名古屋 自律神経専門整体

自律神経のお悩み、パニック障害の治療なら名古屋南区の自律神経専門整体へ

0000331776.jpg

HOME ≫ ブログ

ブログ

0000431371.jpg
こんばんは
名古屋南区自律神経整体です。


昨日のテーマ
「大切なものは目にみえない」

が、

大きく内容が逸れてしまい、


ついつい脱線、方向転換してしまいました。


ただ今、業務が終り、明日から連休になります。


火曜日は「コーチング」のセミナーにてお休みとさせていただきます。



先週はいなべ公園を散策して、山並みを眺め、三岐鉄道終着駅


阿下喜(あげき)という町並みをみてきました。


山に触れると状態が引きあがる気がするので



明日も池田山や本巣のほうへ足を運んでみたいと思います。


かねてから、当院にきてくださる方のおススメのお店


はちばな(とくかつ専門だけどカキフライで有名)という


お店が岐阜羽島にあるというらしいので


そこにも寄ってみたいと思います。


とりあえず、更新目的のブログになりましたが、


よい旅を  グッドラック!
2016年12月11日 21:23 |コメント|

目に見える嘘と目に見えない真実

0000431163.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。

今日のタイトルは散歩しながら
サン・テグジュペリ名作、「星の王子さま」が浮かびました。

ほとんど、文学には程遠く縁のなかった学生時代に
唯一、熟読した本です。


「大切なものは目に見えない」という有名な名言があります。


当院に多くみえます、人に心理を読む力にすぐれている方々

逆に見えないものを見たがる、知りたくなる


こんな言い方もある、意図する裏を読むのが得意


だから「思い込み」も多い


世間の物差しと比較することで、認識のギャップを感じて


不自由される面もあれば、得している面もあります。



それは、流行に左右されずに本質や本物を


自身の直感で見極めれるという特権です。


直感に生きるということほど、ストレスはありません。
(直感で生きることは損する面もあれば、その反対もあります)




又、不安をあおったり、執着を駆り立てるような人の心理をついた


世間の戦略には微動だにしません。。


なぜならば、その人たちには独自の価値観があるからです。



さて、昨日の続き、、


心理的逆転もまた、


真実は目に見えないに等しい


健康になりたいと願う反面、健康でない状態を望んでいる

人々



キネシオロジーテスト(筋力反射)をすると


「健康になりたい」で弱化(潜在意識では)


本来であれば、健康になりたいで、力を維持できるはず




それとは反対に


「健康になりたくない」の言葉でしっかりと入る場合が多い



これは自分の意思とは逆の現象が起こっているということ




一方、「人前で緊張せずに話をしたい」でテストすると、


こちらも結構、弱化します。



反対に

「人前で話すときの緊張を治したくない」と言ってもらってテストすると、


意外と筋力の維持がズバリと入る というものです。


本来望んでいる


本当は治りたい、よくしたいはずなのに


自分の意思とは逆の反応が出てしまうということです。





心理的逆転はほぼ、誰にでもあると思います。



当院にもよくいらっしゃいます。


健康になりたいと思ってるつもり


でも本当はそれを望んでいない


(痛みを解消したいでは意思どおりになる)


治りたいと望んでても

本質はそれを求めていない


成長したい


でも、本心はそれを望んでいない


だから、いつまでも成長できない


その根底には何があるのでしょうか。
2016年12月10日 20:49 |コメント|

心理的逆転

0000431090.jpg
こんばんは
名古屋自律神経整体After magoです。


今日の臨床で、いろいろな気づきがありました。
よかったら読んでください。


タイトルは「心理的逆転」


言葉の意味はまだ勉強中ですが、なんとなく経験上感じるところなので、
今日のテーマにしてみました。



今日、ある方がこんなことを教えてくれました。



傷つくということは


元々、どこかに傷があるから


傷つくんだと


ある言葉を言われても傷つく人と


そうじゃない人、


言葉の意味のとり方って人それぞれ


激励のつもりでいったのにかえって相手を傷つける


ことなんて 日常茶飯だとも思います。


これはその人の考え方 過去の経験


すなわち 


「思い込み」が関与しています。


ですから、発した言葉に悪意や故意がなければ、



発した言葉に対してどう思うか


とり方は相手次第で


もちもん当然、、発したことで本人が悩む必要はありません。



これは痛みや症状にも言えることだと思います。



痛みは単に痛むものと、


痛みの背景に何かがある場合とがあります。


時と場合によってですが、


痛むことや場所が問題ではなくて


痛みの受け止め方、痛みに対しての考え方に問題がある


ことを見極めていかなくてはならないわけです。
2016年12月09日 21:08 |コメント|

名古屋 自律神経 めまい 頭痛 動悸

0000430737.jpg
こんにちは
自律神経整体After magoです。


本日の症例 K・Mさん  40代 女性(公開につきましては承諾いただいております。)


主訴:めまい、耳鳴り、吐き気、頭痛、呼吸が苦しい

既往歴:10年前喘息入院

8年前、喘息発作入院

6年前、不整脈ということで入院

5年前、乳がん


お仕事を二つ掛け持ち

内科にて自律神経の乱れだと言われ、漢方で様子を見ていたが、
仕事中、上司に異変を察しられ2週間の休養を言い渡された。



内観:人の感情を読み取れる、人の意図の裏を感じる
興味の対象が狭い
人とのコミュニケーションが苦手
男性本能

女性同士の私語、雑談が苦手
こつこつ職人肌



脾虚小腸虚肝実


チャクラ丹田、第四


傾向性:まめで、ごりごり働く、じっくり考え込む、頑固で負けぬ気が強い、突かれ切るまで働き続ける、抑えてきた感情が爆発する、何事もやり切らないと気がすまない。二つのことを同時にできない


幼少時代
外と家庭内の違う父親感情起伏激しい、いつも目つきをうかがっていた。


価値観:
家族、自由、本音で生きる、人としての成長、与えるよりも与えたい
2016年12月08日 19:36 |コメント|

ありのままの自分に生きる

0000458401.jpg
こんにちは
名古屋自律神経整体After magoです。


長期間の薬の影響は肝臓を疲労させるだけではなく、体を冷やし、自然の営み(生命力)を奪ってしまいます。

降圧剤を例にあげますと、ストレスの有無にかかわらず、血圧が一定にさせられるということです。

血圧は本来、交感神経のときは上がり、夜間など副交感神経になると自然と下がるもの、それの働きが一定になるということは簡単には想像することができません。。
(降圧剤は血圧を一時的に下げるもので、治すものではありません。)


降圧剤を飲み続けることで立ちくらみや貧血で転倒しやすくなるのもそのためです。本来脳に血液が欲しいときでも、血圧が一定ということは

抗炎症剤(痛み止めや花粉症の薬など)も同じことがいえます、、


抗炎症剤は副交感神経の過剰な反応を抑えるために、血管を収縮させて血流を悪くさせることで感覚を麻痺させて痛みや炎症を止める仕組み。


同じく、一時的に痛みを抑えるもので、、治すものではありません。


自律神経を一時的にコントロールすることで症状からは解放されますが、飲み続けることで、免疫が下がり慢性的な失調リスクが引き上がるということを知っておかなくてはなりません。
2016年12月08日 12:12 |コメント|

名古屋 線維筋痛症

0000456335.jpg
こんにちは
自律神経整体After magoです。

線維筋痛症は筋肉に問題があるわけでもなく、筋肉収縮の病気でもありません。
ほぼ、ほとんどの原因は自律神経にあり、根底には解消されない幼少期の愛着問題があります。


T・Hさん 40代 女性(公開に対してはご本人の了解をいただいております。)

主訴:多汗、息苦しい、不眠、動悸、みぞおちの違和感

経過:高校生ぐらいから低血圧、頭痛、肩こり、生理痛など体調不良を感じる

20代後半から額関節症、めまい、吐き気などの自覚症状
10年前、うつ症状から心療内科へ通院


5年ぐらい前から咳喘息、特に昨年は辛らかった。
同時に慢性疲労感、だるさ、むくみ、関節の痛み


大人ADHD、線維筋痛症診断される→投薬中


内観:幼少から痛みを我慢


4、5才保育園面談 先生から母親に子供らしくないと言われる
(4,5歳で止まっている)


大人に気に入ってもらえるような自分


症状や痛みがあっても、かまってもらえない、逆に叱られる
(痛みがあっても、痛いと言えない)



交感神経→ストレス→愛着不安→サッカラム

ヒステリー
(親の顔色に敏感)

小学校の出来事、真剣に取り組んでもらえなかった、守ってもらえなかった。


エーテル体→コザール体


第四チャクラ調整


膀胱虚、胆実調整


みぞおち違和感→感情消化不良、自己嫌悪


生活習慣:気ばかりが焦る、将来不安、気ばかり焦りせわしく食事して落ち着かない、居場所がない、何かをしていたほうが落ち着くけど、エネルギー状態消耗極めて低い。

エクササイズ:次回お伝えする


方向性:価値観の尊重

家族、自由、心と体の健康、ユーモア感覚、人のために貢献
2016年12月07日 19:59 |コメント|

体の声を活かす

0000429869.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体Aftermagoです。


昨日のテーマ の補足です。


身体は本能的なしぐさによって、たえず無意識のうちに、自分にとって楽になるパターンをもっていて、



ひとによってはあくびや貧乏ゆすり、背伸びや妄想にふけることだったり、ため息など、



身体はたえず、微調整を繰り返して、リラックスしたり緊張を緩めることで血気を引き上げる本能を兼ね備えています。。


昨日のクライアント様は同じ姿勢でじっとしていると、体が緊張してくるとおっしゃっていました。


それは自宅にいるときも同じで、自宅でじっとすることよりも、外へブラブラと出かけたほうが落ち着くし、


ぶらぶらと散歩していると、首や肩の硬いのがほぐれるのが実感できるとのことでした。




人によってエネルギーの発散方法はいろいろです。


ウォーキングやランニングなど、運動することで活かせれるタイプ


反対に、頭を使うことでエネルギーを発散させやすい人、


目標を達成することでエネルギーを発散させやすい人、


目標を達成する前の夢中になっているときのほうが発散しやすいというタイプの人


家でじっとすることでエネルギーが上向くひと、と忙しくしているほうが上向く人


非日常的な環境にふれることで発散できる人


自然に触れたり、食べ物で満たされる人


視覚優位で発散できる人、聴覚優位で発散できる人


自分の話を聞いてもらうことと、反対に話を聞くことで発散できる人


感情的になることで発散できる人とそうじゃない人


集団の中で力をつけていく人と、集団だと発揮できない人


マニュアルがあったりレールがしかれていたほうが発揮しやすい人


自由を縛られたり、規則にしばられることでエネルギーを発散できなくなる人

2016年12月04日 19:40 |コメント|

無題

0000429563.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。


昨日は臨床中の気づきから「血気エネルギー」についてを記述するつもりでしたが、一昨日同様時間切れになってしまいました。



しかし、思います。


業務の終り後もブログを書いてて有意義なのかと思ったりもします。


もっと、違うことに時間を割り当てたほうが、そっちのほうが価値的じゃないか



誰かが言っていました。


毎日書くことに意味があると


本当にそうなんでしょうか?



はたまた

ブログを書く本当の価値は・・




(省略)



前置きが長くなってしまいましたが



今日のテーマは昨日書けなかった血気エネルギー


私個人の主観ですので、よかったらよんでください。


以前からお伝えしておりますが、痛みや症状の正体は「抑圧の解放」(外傷性のもは除く)だとおもっております。


(先日、痛みや症状=心理の影響  と説明しましたので、当然、抑圧には心理も含まれる)


ある方が、長期休暇すると、昔の古傷が痛み出したり、いままで感じなかった痛みや症状が出てくる


ということはよくあることです。


血気が低くなると、もしくは枯渇するとどうなるか?


これはズバリ、痛みを痛みとして感じなくなります。



実際にあるものが見えにくい状態


休息して、充電されると当然、血気は上向きます。



血気が引きあがったために起こる現象は日々の生活の中も実感できると思います。


たとえば、あくび、背伸び、ため息、げっぷ、イライラ感、衝動、食欲、思考回転、不安、意欲、睡眠欲etc



自己調整機能が回復していることを意味しています。



(省略)


自律神経症状は血気が引きあがることで引き起こりやすいと思います。

その中でも、特に


パニック障害の動機のひとつ、発作です。


一般的にパニック発作はストレスの蓄積が原因だと云われておりますが、


当院では発作=抑圧からの開放 だと認識しています。


すなわち、ストレスの蓄積から開放され、血気レベルが回復しなければ、青天の霹靂は起こりにくいと考えます。


痛みや症状の多くはカラダを守るためにあります。。


特に、自己管理能力が低い人ほど、青天の霹靂のような地殻変動が起こることで、異常を察知することができる


本当の病気にならないために、実は症状を出して体を守っている


このような変動(自律神経症状)がなく、傾きっぱなしのほうが


むしろ危険です。


逆にこのような、スイッチング機能が働きにくい人は突然死を招く確率が引きあがる


と考えております。
2016年12月03日 20:30 |コメント|

血気エネルギー

0000429561.jpg
こんにちは
名古屋自律神経整体After magoです。


昨日のテーマ「マインドフルネスに生き方」の続きです。


宗教色を取り除いた心のトレーニング法として脚光を浴びているマインドフルネス


実際のトレーニング方法はいくつかありますが、


その中でも呼吸のマインドフルネスをお伝えします。


まず、座位で閉眼して、身体の力を抜いて、呼吸に意識を向けます。


「今この瞬間」に意識を傾けながら、呼吸を吸ったり吐いたりする時の、身体の感覚

おなかのふくらみやへこみ具合を観察


もし、雑念が浮かんで意識が他事にいっても、ありのままを受け入れ、また意識を呼吸に戻す。


将来や過去のことにこころ動かされるのではなく


今まさに起こっている現象、現実に意識を集中する


また、五感を使ったマインドフルネス


今、何が見えますか?


何が聞こえますか?


どんな香りですか?


肌で何かを感じますか?


「いまここ、今ここ瞬間」に気づき、あるがままを受け入れる


マインドフルネスの紹介でした。。



2016年12月02日 09:06 |コメント|

マインドフルネスな生き方

0000429453.jpg
こんにちは
名古屋南区自律神経整体After magoです。


今日の臨床上の気づきとしてマインドフルネスについて書いてみたくなりました。


とうことで、今日のテーマは「マインドフルネスな生き方」


当ブログで何回かテーマにしてきましたマインドフルネスですが、もっと詳しく知りたくなり、リサーチしてみました。


正直、まだ浅はかな知識しかないため、他のサイトを参考にしたものしか紹介できませんが、、記述してみました。

よかったら読んでください。。



今年、4月ごろにNHKスペシャル「キラーストレス」で取り上げられ、プチブームになっているのではないかと思われるマインドフルネス


まず、マインドフルネストは何か?


という明確な定義が難しいのですが、過去や将来にとらわれずに「今この瞬間、能動的に注意を向けることのによる、気づき」


マインドフルネス=今の自分に気づき、現実をあるがまま受ける


心を無にすることで「ストレスに負けない自分をつくることができる」

etc



別名、自己洞察瞑想法とも云われ、仏教瞑想からでてきたスキルを取り除いて、


一般に受け入れられるために、幸福度を感じるためのスキルを研究、開発進行中。。

同時に多くのエビデンス(科学的根拠)も確立され、世界ブームになっている。。



元々は不安やうつに応用活用されてましたが

「グーグルのマインドフルネス革命」という書籍があるように


数々の世界的有名企業もマインドフルネスのスキルを積極的に取り入れている。



社員の中には自己意識力や慈悲や思いやりが生まれたという変化があり、組織としてはリーダーが実施することで以前より中長期的な視点で物事を考えられるようになったそうです。。

(自分を出す、素の自分を出すことを周囲に知ってもらうことの大切さ価値観を感じるようになったetc)




欧米ではハピネストレーニング=「幸せスキル」と名打って

医療や教育の現場などで幅広く活用


近年、日本でもさまざまな分野で取り上げられている


それは幸福度を上げるために


また慢性鈍痛、ガン、心臓病など心身の健康を改善させるために


ストレスの軽減や不安や怒りなどの感情をコントロールできるようにるために


思いや考えに振り回されることなくなるために


自己実現のために

続きは後日m--m

2016年12月01日 21:43 |コメント|
自律神経整体 After mago 名古屋市南区道徳通2-51 道徳ビル1階 自律神経失調症、パニック障害、うつ症状の整体院

モバイルサイト

After MagoモバイルサイトQRコード

After MagoモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • FACEBOOKバナー